円満退職には「家庭の事情」が有効?

どんな職場でもそうですが、辞めることを言った途端、周りの看護師が冷たくなったりして何だか気まずいまま辞めていく看護師さんは多いと思います。

 

辛く忙しい毎日から逃げ出しているように周りには映っているのでしょうか。

 

それとも、「この人はもうすぐやめてしまうのだから」という頼れない気持ちが冷たくさせてしまうのでしょうか。

 

場合によっては職場が辞めることを許してくれず、実際に退職できるまでに数年掛かるようなブラックな病院もありますが、上手な理由付けをすることによって、円満退職することが可能です。

 

具体的には、周囲に自分の退職が「仕方のないこと」と思わせる事が重要になってきます。

 

一番オーソドックスなもので「家庭の事情」というものがありますね。

 

引き止められないような事情に加えて、忙しい中辞めることに対して申し訳なく思っているという演出も大事でしょう。

 

嘘の退職理由を作り出すことはあまり有効とはいえません。

 

鋭い人にはバレてしまう可能性があり、また自分自身の罪悪感からスムーズな退職を妨げてしまうからです。

 

人生の充実度を決める「仕事」です。

 

転職の際は、なるべく後腐れの無いように去り、新しい職場に早く順応したいものですね。


inserted by FC2 system